読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOKIO LIVE TOUR 1718

6年ぶり2回目の、TOKIOさんのライブに行ってきました。
Jフレ寄りの事務所担な自分がなぜこんなに行かなかったのか、さっぱり分かりません。多分自担のイベントに被っていたり、日程が悪かったり、その程度のことだと思います。
今年は、地元奈良公演が日曜だったのと、久しぶりに出るフルアルバムが嬉しくて、夏の予定が何にもないし行ってみようかなと思ったのがきっかけでした。
でもJチケで落選し、DASH先行に出遅れ、もうオーラスのライビューで我慢するかぁ、と申し込んだのと入れ違いで、神様が奈良チケを豪華オプション付きでプレゼントして下さいました☆

6年前は大阪城ホールのスタンド席で、今回はなら100年会館の1階前方席(ベイベは”アリーナ!”と呼んでましたがw)。席の違いもあるでしょうが、前回よりもずっと自然に「ライブ」を感じることができた気がします。
6年前は初めての空間に戸惑うばかりだったのが、今回は最初から最後までの2時間強ずっと楽しくて、大興奮でした。

そして、9/23の武道館オーラスのライブビューイング。他のアーティストはやってるけどジャニーズでは初ということで、私も初めて映画館でライブ生中継を観るという経験をしました。
私の行った会場では最初から最後までみんな座って観てましたが、タオルは振り回したし、ラブユーは一緒に歌ったし、指差して腹抱えて笑ったし、気楽に観れて良かったですよ。大きいスクリーンに負けない高画質で映像が乱れることもなかったので、現場で遠くにあるモニターやステージをオペラグラスで見るより遥かに見やすかったですし、家で見るよりも現場感があるし、全然悪くなかったです。

幸運なことに、5人を間近で見る機会があったのですが、待っているファンの元に真っ先に挨拶に出てきてくれたのがマボで、アンコール終わりで真っ先にステージを去ったのもマボでした。マボ・ベイベのゴツさに圧倒され、続く達也さんをすごく小柄だなぁ二重くっきりだなぁと眺め、太一さんの1人飛び抜けてフォーマルな蝶ネクタイ姿(2曲目には投げ捨てられる)が可愛いなぁと萌え萌えしていたので、最後にやってきた茂さんに何故1人ハイタッチなの?その髪型は地毛?という感想しか持てなかった私を許して下さい。

ベイベはすっかり牛追いのタイヤカフェ店長になってるんじゃないかと心配していましたが、男前オーラ全開でそんな心配を鼻であしらってくれました。でも「差し入れのおまんじゅう食べ過ぎちゃった」とお腹を撫でるのは可愛いベイベ。
太一はなんであんなに可愛いんだろうね!何故私は今まで彼の可愛さに気付かなかったんだろうね!だって半ズボンだよ!健ちゃんが奇跡の33歳なら、太一も奇跡の38歳だよ!と叫びたいくらい可愛かった…。Oh!ジュリエット
達也さんはさすが帯番組を担当されてるだけあって、奈良では「カメラ回ってないしいいじゃん」と失言し放題だったくせに、武道館ではキリっとツッコミ役だったのが印象的です。
私は自他共に認める乾きモノ担ですが、大変申し訳ないことに、茂さんの気合い入れた髪型(長髪やリーゼント)はあまり好みではなくて。でも、オーラスでマボが「リーダーのこの髪も今日で見納めかぁ」と残念そうに茂の後ろ髪を撫でた(汗で濡れてたようですぐ手を引っ込めたけど)のを見て、茂のあの髪型をこんなに愛しんでるマボが愛しい!と衝撃が走ったので、私はTOKIOの中ではマボ担ということで今後は宜しくお願い致します。>関係者各位
オーラスのロミジュリチュー事件の後、マボがカメラに抜かれるたびにプンスカ怒ってて、ああ乙女の逆鱗に触れてしまったじゃないの、と大爆笑でした。茂さんがせっせとセットを登ってきて、ドラム横のズッキーホーンと並んで奮闘していた姿をいじらずにはいられなかったようで、そんなところもいじらしいですよね(盲目)

TOKIOライブはウチワ禁止なのかと勝手に思ってたけど、ちらほらウチワも見かけたし「アイドルTOKIO」のファンも少なくはないのかなと感じました。でも奈良はツアー中の少ない日曜公演でかつ茂さんの地元だから、ガッツのあるヲタばかりだったのかと思いきや、老若男女幅広い客層。みんなFCチケを手にしていたので、これがTOKIOの固定客ということか…。おばあさま、おっちゃん、ベイベに憧れる兄ちゃん、昌茂ウチワ、全てを取り込む器の大きさよ。キンキドームの幅広さとはまた異質な光景でしたが、それもまたジャニーズと言えるでしょう。

アルバムのキャンペーンについては、ブックレットにチラシを挟み込まないとみんな気付かないし知ってても忘れちゃうじゃん!アルバム2枚買ったらDVD貰えるなんてみんな知らないんじゃない?ちゃんと宣伝してよ!とJストさんに文句言ってやろうと荒ぶってたのに、浮かれて忘れてましたよ☆テヘペロ
かく言う私も、最初は3種のうち1枚でいいかーと初回盤だけ買いましたが、通常盤にしか入ってないマボのソロ曲をやると聞いて買い足しました。最初から2枚買ってたらトキオステーションを応募していたと思うので結果オーライなわけですが、初回プレス盤に入ってたレコーディング&コメンタリー映像でアルバム制作におけるメンバーの想いが判ったので、レンタルじゃなく買ってよかったです。良い内容でした。
人に連れられてでもライブを観に行くことになったら軽く予習はするものなので、ライブビューイングが近所の映画館であるから行ってみよう→最新アルバムくらいは聴いて予習しよう、という流れで珍しくTOKIOのCDを手に取った人は少なくないと思うのです。ライトなファンにCDを聴かせるには、ライブビューイングは良い機会だったし、予習するにも最新アルバム中心のライブだと予習しやすいので、過去曲は少なくなろうともアルバムコンっていいよね!と思いました。過去曲中心のライブでは、判らない曲をやられるとアウェーな気持ちになってしまうんです。私は。前回のフルアルバムがなんと6年前の「Harvest」で、こちらもものすごい名盤だと思ってるんだけど、あれ?なんでこの時アルバムコン無かったんだっけ?と振り返ったらつまんない噂を思い出して舌打ちしてしまいました。ほんと、どんな事情があれど、アルバム出したらちゃんとライブやらなきゃだめ!

ライブビューイングの映像は、生中継とは思えないくらいカット割りが見やすかったので、あの映像をそのまま焼いてくれていいから早くDVDを!と正座で待機しているのですが、待ちきれないので過去のライブDVDを見返しています。直近出たDVDは「SUGAR(2008年)」「OVER30's WORLD(2009年)」「PLUS(2011年)」の3年分のライブが入って10000円切る破格の安さなのでオススメですよ!3年も前のライブ映像が日の目を見ることもあるんだと驚いたので、お蔵入り映像を抱える他G担の希望の光です。