読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TVの中のアイドル

最近、SMAPについて、特に中居さんについて語られる機会が増えたように感じます。
中居さんに関する考察が盛り上がっているのは、いいとも終了に関する一連がキッカケのように思います。いいとも終了のサプライズ発表に中居さんの曜日が選ばれ、事前に知っていたのは乱入して発表した鶴瓶さんと中居さんだけだったこと。グランドフィナーレの大御所芸人入り乱れたドタバタトークの仕切りを任されたこと。その後のスピーチでの言葉「バラエティは残酷」。TVタレント・司会としての中居さんの活躍ぶりは元から広く知られていたとは思いますが、芸能界の中での役割・ポジションをいいとも終了を通じて初めて認識した方は多かったのではないでしょうか。

私はジャニヲタ歴10年だけど、SMAPについてはお茶の間に毛が生えたレベルです。SMAPファンの友人がいるので、曲や活動内容や過去のエピソードはわりと知っている方かもしれません。
SMAPはずっと当たり前にトップスターだったけど、ここ7〜8年は嵐がてっぺん取った感もあるし、実際どっちがトップなんだろう?スマは負けちゃったのかな?そんなことを考えたりもしていました。

最初に書いたように、世の中がSMAPや中居さんに言及しだしたのは「いいとも」以降な感覚だけど、私がSMAPを意識し出したのは、2011年の震災がキッカケです。
1995年の阪神大震災の時は、トキブイキンキのJフレがチャリティ活動をしていました。2011年の震災では、事務所でチャリティ活動をするならきっと嵐が中心になるんだろうなと予想していました。Jフレの後継世代として滝翼YJと一緒に何かやるのかなと。でも、マーチングJで中心に立っていたのはSMAPでした。
昔からSMAPだけは当然のようにカウコンに出なかったり、それどころか裏番組に出ていたりして、ジャニーズファミリーの中でも違う位置付けにあるのが当たり前な存在でした。もちろん他グループとの共演が全く無かったわけではないけれど、一緒にこういった活動をするイメージが無かったのです。マーチングJだけでなくグループ・個人としても、SMAPは震災に対して精力的に取り組んでいるように感じました。嵐や他のグループ、タレントさんももちろん、被災地に赴くなど様々な復興支援活動をしてらっしゃいましたが、個人的な印象としてSMAPの存在感が一番大きかったのです。

ジャニヲタたちがSMAPを意識するようになったのは、世に言う「派閥バーター問題」ではないでしょうか。2011年デビューのキスマイは、スマとの番組共演が異様に多く、ここ数年のデビュー組に比べると圧倒的なTV露出量だと思います。事務所の先輩が主演するドラマに後輩が出る「バーター出演」は、ジャニーズに限らずよくある話ですが、ここ2年ほど、スマとの共演がキスマイを始めとした特定の若手グループに限定されているように見受けられます。中居さんや草彅さん司会の歌番組に出演するメンバーもほぼ固定です。香取さんが山Pさんのコンサートを演出したり、中居さんが舞祭組をプロデュースしたりという事案もあります。今まで一匹狼的だったSMAPが特定の後輩との結びつきが強くなる反面、他Gとの共演が皆無になっている事象を、ファンの間では「派閥」によるものではないかと推察しているのです。
派閥の有無はともかく、SMAPが後輩育成に力を入れているのは事実でしょう。中居さんが以前「20代はどんな仕事でもやって、30代はMCやバラエティに力を入れてきた」と話していたので、40代にも何かテーマがあるんじゃないか、それはノウハウの伝達や育成なのではないかと想像しています。だから、デビューの頃のことを振り返ったり、仕事のスタンスを語る機会が増えているのではないでしょうか。一般企業の40代でも、管理職として後輩を育てる立場になっていることがほとんどです。自分たちが若手の頃に芸能界の先輩やスタッフの方々から育ててもらったように、自分たちも下を育てるというミッションがあるのでは、と思っているので、今の体制に異を唱えるつもりはあまりありません。

デビュー時のことを振り返るとよく「売れなかった」と言いますが、ジャニヲタじゃない普通の子どもだった私にとって、SMAPは身近な存在でした。最初に出会ったのは雑誌「小学5年生」で「みんなの1つ年上のお兄ちゃんがアイドルとしてデビューするよ!」と香取くんが紹介されていた記事でした。森永の「SMAP」という名前の飲料の広告に出ていたことも知っています。中学に入ってアニヲタになったので「姫ちゃんのリボン」の支倉先輩を草彅さんが「赤ずきんチャチャ」のリーヤを香取さんがやっていることも主題歌がSMAPなのも知ってるし、アニメの放送枠で「愛ラブSMAP」をやっていたのでよく見ていました。91年のデビューからスマスマが始まる95年まで、少なくともお茶の間でテレビを見ているだけの私にとってはSMAPは人気アイドルでした。光GENJIはTVの歌番組でよく見ていたけれど、SMAPはそれ以上にTVで見る存在だったから。バラエティでもドラマでも見るし、曲も知ってる。CDを買ったりコンサートに行ったりはしないけど、十分に有名な存在でした。それでもきっと、本人的には「売れてない」という意識があってもどかしい思いをしていたのでしょう。今は、オリコン1位になっても「売れてる」という実感が得られない時代なので状況は違うのでしょうが、意識の面で参考になるところはありそうです。

お茶の間からジャニヲタになって、SMAPファンの友人が出来てからも、私にとってのSMAPはTVで見る存在でした。自分の好きなアイドルとは別のジャンルの人たち、という意識があったのかもしれません。事務所担だけどSMAPは別の事務所だから対象外、みたいな感覚。
それが変わってきたのは、ここ数年SMAPが歌い踊る姿をTVで見る機会が多くなったからかもしれません。実際に増えたのか、私が無意識で追いかけるようになっただけなのかは分かりません。震災後、各局で長時間の歌番組が放送されるようになったので、その影響の気もしています。スマスマや27時間テレビのノンストップメドレーでは、SMAPを積極的に追いかけていなかった私でもほとんどの曲で盛り上がれることに気付きました。それはきっと、SMAPをずっとTVで見ていたからなのでしょう。
歌やダンスが揃ってるわけでもなく若くもない、昔から知ってるけど特にハマったりしなかったグループなのに、TVのパフォーマンスでこんなに楽しめちゃうのか、ということに衝撃を受けたのでした。この楽しさは他のグループと全然違わない。それなら一度スマコンというものを生で観てみたい。
今年はきっとコンサートをやるし、でもチケットを譲ってもらうなんて難しいだろうからまずは身銭を切らなきゃ、とFCに入り、自分の名義でチケットを入手しました。もうすぐ観ることができます。自分がどんな感想を持つのか、楽しみにしています。