読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滝沢歌舞伎2016

滝沢歌舞伎は大阪ではやってくれないけど自担も出てないのにわざわざ遠征するのは…とこれまで観る機会がなかったのだけど、健くんが出るとあらば観るしかありません。初めて新橋演舞場に行きました。

腹筋太鼓と白塗りライブだけは映像で見たことがありましたが、全体の流れを知らなくて、てっきり2幕の鼠小僧が歌舞伎なんだと思い込んでたんですよ。1幕で健くんソロとか怪談とか腹筋太鼓とかセグウェイとかいろんなものてんこ盛られたのに続いて白塗りが始まり、あれ?幕間休憩も白いまま?と戸惑ってたら、笑点みたいな口上があって歌舞伎スタート。そして1幕終了。あっ!歌舞伎パートこんなに短いんだ!

てんこ盛りパートがストーリーとか全然ないショータイムだったから、ミュージカル慣れしてる民は呆気にとられてしまって、歌舞伎パートはまだなんかわかる、鼠小僧めっちゃわかる、と、どんどん理解度が上がる結果となりました。ストーリー全然なかったけど最初からショータイムだと思えばそんなもんだったから、ストーリーのないジャニワみたいなものと思えば納得。宝塚のショーを観た時にも思ったけど、やっぱりヒロムはミュージカルじゃなくてショーを作れば13月なんて探さなくても良かったのでは…。

そもそもなんで滝沢さんが健くんとやろうと思ったのかというところが本当に面白くて、このキャスティングだけで大勝利な案件でしたね。
健くんがSHOCKで言うところのかっちゃん美波里さんポジションだったことに、改めて震えました。こーさまにかっちゃんが必要だったように、滝さまに健くんが必要だったのかもしれませんね。
ブイはバックJr.を付けないし後輩との共演も多くないし、外部仕事ばっかりだから、ジャニオタ歴はそこそこあっても事務所全体に興味を向ける機会が少ないブイ担たちがまんまと歌舞伎に足を運び、ジャニーズ伝統芸に触れ、Jr.の名前を覚えることになったのがスゴイ。こんな荒療治、今まで思いつかなかった。24時間テレビもビックリしたけど、本当にビックリさせられることばかり。面白いなぁ!滝沢さんは根っからのプロデューサーだなぁ。
デビュー20周年過ぎてこんな形でJr.に絡まれる(?)健くんを見ることになるなんて。Jr.と話せない健くんでしたが、稽古場のJr.の配置まで計算した滝沢さんの策略の成果なのか健くんの魅力のせいなのか、健くんの楽屋にJr.が居ついたりごはんを食べに行ったり電話番号を教えたりするほどになったそうで…。去年の僕たちにそれを教えても信じてくれないだろうな。

以前のエントリーでも書いたことがありますが、最近の事務所は「伝承」ブームで、ブイはどうやったら伝承していけるのかを気に掛けていたのだけど、想像もしていなかった状況になっていますね。これからどうなることやら。まーくんさんもJr.にミュージカルを伝承したいそうだから、また新たな融合ネタが発生して欲しいところですね。オタクたちの生半可な予想なんて吹き飛ばすトンデモ案件を今後も待ってます。

初日は4/10、観に行ったのは最初の土曜日の16日マチネなんだけど、12日には健くんが足の親指を骨折してしまいました。動揺冷めやらぬブイ担たち。
そのため急遽演出を変えることになったわけですが、骨折して数日だと知っているから、なんで踊れてるの?!と驚いてしまったけども、骨折してるって知らなければ確かに不自然な演出だから気になったかもしれない。
例えばSHOCKだと、こーさまも怪我とか体調崩すこともあるんだけど、公演中に報告されることってまず無い。それでも、熱心なファンはちょっとした変化から不調を察知するのです。私は熱心さも注意力も欠けるから滅多に察知できないのですが…。
SHOCK育ちのジャニオタはショーマストゴーオン精神が身に付いてしまってるから、怪我でも休まないのは当たり前と思っちゃって、素直に心配できるファンが羨ましかったです。本人がプロ根性で不調を隠して頑張ってるのに変に心配して出来ていない箇所に注目するのは失礼にあたるのでは、と見て見ぬ振りをしたくなったり…。でも、一応踊れるんだからそんな大したことないのかな?と安心した人も多かったのでは。間違いなく大したことあるのに。
怪我をしたのが舞台上だから隠せなかったというのもあるだろうけど、病状や演出変更を公式発表したのは健くんが美波里さんポジだからという理由もあったかもしれないし、降板せずに済むレベルだよと安心させたかったのかもしれない。隠すプロ根性と、公開するプロ根性。結果として、少しずつ踊る場面が増えていく過程が見れたり(レポで…)、計算を超えた舞台になったんじゃないかと思います。

1幕の最初の方に2人でフライングする曲があるんですが、滝沢さんともう1人は多分健くんだったところを代わりに別の人が飛んでいて、外人ダンサーにしか見えないし、でも代役とは言えフライングなんて重要なポジションをダンサーさんがやることないよね…と悶々としていたのですが、そう言えば増田くん*1が歌舞伎に向けて筋トレ頑張るって言ってたし顔濃いし、彼だったのでは?と納得していました。でも、Jr.が1人ずつ口上を述べるところで、あっっ!さっきの外人ダンサーってジェシーじゃん!!と気付きました。だってジェシー、オールバックで身体出来上がり過ぎてて、本当にただの外人ダンサーだったんですよ…。

共演Jr.のことはだいたい把握しているつもりでしたが、舞台で見るのは初めてなのとSHOCKより遥かに人数が多くて、顔と名前を一致させるのも難しかったです。まだまだだね。白塗りライブで健くんを扇いでくれていた黒子は月9出演イケメン高校生の長妻くんで、彼はスターティングキャストに入っていなかった追加Jr.だし、役どころは黒子だし、月9で爆推されてるかと思えばこんな扱い!とまた震えました。林くんのこともThey武道の子としては知っていたし、多分嵐コンかキンキコンでも見たことあるはずだけど、今回初めて認識しました。1人怪談、恐怖映像は滝さまだと思うけど、めちゃくちゃ良い声で何役もやるのが凄いし、Jr.1人に一場面まるまる任されてるのがまず凄い。こんな子がJr.として埋もれてるなんて恐ろしい事務所だ…。

良い声と言えば、口上でさっくんの声がすごく良いことにも初めて気付きました。口上って、Jr.にとってすごく良いコーナーですよね。さすが滝さま。ヒロムは、主役はちゃんと目立たなきゃダメという思想で、滝さまも一応主役としての役割は果たしているんだけど、Jr.に見せ場を作ることにかなり注力しているのがよくわかる。これは滝翼コンでもよく思うところですが、Jr.との関係性が他のグループとは全然違うことに驚いてしまって、デビュー組担としては、こんなにJr.目当てで観に来ても大丈夫なのかなと戸惑うほどです。自担グループだけを追っていると気付けない、Jr.も含めたジャニーズという集合体について考えさせられる良い機会でした。

*1:強火ブイ担、しかもまー推しの増田良くん