読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kis-My-Ft2 Concert Tour 2016 I SCREAM

2016年上半期の現場振り返りは改めてするつもりなのだけれど、上半期だけで一旦振り返らないといけないくらい色んな作品を観たのでした(当社比)。
環境の変化があったり、まぁ色々と思うところもあり、3~6月は時間の許す限り観たいものを観てみよう、と思ったら見事にミュージカル系に偏ってしまったのだけれど、7月からは期せずして全然違う傾向の現場が続く予定です。

その一発目が、初めてのキスマイコン。7/2、京セラドーム2日目(そしてツアー2日目)の公演を観ました。公演数日前にお友達に声をかけていただいて気軽にOKしたものの、全然そんなつもりで追いかけてきてないから予習が足りないのではと心配になりました。でも、よく考えたらフォロワーさんの中にも何故かキスマイ担さんが少なくないし(何故なのか全くわからない)、意外と知識は身についていたのかもしれません。ついて行けないなと感じるところは全然無かった。
ジャニオタ10年以上やっててまだ初めての現場があるのが楽しくて仕方ない。キスマイ担じゃない私が初めて入って感じたことがいろいろあったので、記念に書き留めておこうと思います。

私のスペック

  • ジャニオタ13年目(2004年〜)。主担当はV6。まー担。ジャニの入口は嵐。よく行くのはキンキ。
  • これまで入ったことのあるドームコン:スマ、キンキ、嵐、エイト、JUMP
  • 他に入ったことのあるジャニコン:TOKIO、ブイ、滝翼、関ジュ
  • キスマイの認識度:TVで披露されるシングル曲とTLから得る情報程度。最新アルバムは予習済み、MVは公式サイトで試聴
  • Jr.の認識度:少クラは毎週録画。今年の滝沢歌舞伎は観たけど、去年までは観てない。

おっ、書き出してみるとわりと節操ないぞ。

客層について

ブイの客層もここ最近は若返っているとは言え、やはりキスマイコンは若い。JUMPコンに似てる。双子ちゃんコーデや花冠もいるし、噂の生首ちゃん*1をたくさん見れて嬉しい。拝んでおいた。コンサート用の参戦服っぽい人が多くて、もはやコスプレですね。ハロウィンでコスプレする人がたくさんいるように、コスプレ欲を満たす場としてコンサートがあるのかもしれない。でも、着替えのために近隣のトイレを占領したり、参戦服を買うためにチケット詐欺をするのはダメだよ!

たまに小学生の親子連れや、単独行動の年配のお姉さんも見かけるけど、かなり比率は低い感じ。10〜20代の女性2人組が多そう。ちなみに私の右隣はずっと双眼鏡を構えているお一人様で、左隣は20代ぽい2人組、斜め後ろが生首JK2人組でした。私のことは何者に見えていただろう?ブイ担のスパイです。

今回のツアーペンラは、メンバーカラー7色+白に切り替わるボタンが付いたペンライトで、デカイし重いんだけど、1つのボタンを複数回押して色を切り替えるんじゃなくて、色ごとにボタンが付いてて一発で切り替えられるのがすごく便利だなと思ったので買いました。1800円也。アイスクリームのコーンの形だから持ちにくいけどちゃんとストラップが付いていて、それだけで推せる。
アルバムのソロ曲ではドーム一面がメンバーカラーになって、とても綺麗。これは、ちゃんと沢山の人がこのツアーのペンライトを買っていないと出来ない景色だし*2、自動制御じゃないから他メン担であっても「玉森くんだから黄色」って自発的に切り替える、という行為が美しいですよね。2日目の時点で充分たくさん付いてたから、わざわざ呼びかけとかしなくても全然大丈夫だと思う。
グループ曲では恐らくみんな自担カラーにしてたんじゃないでしょうか。公式うちわを持ってる人(と生首)はそこそこいるけど、自作うちわや「投げチューして」などのいわゆるファンサうちわを持ってる人が意外といなかったのはスタンド上段席だったからでしょうか。でも、見たところファンサをしている様子もなく*3、キスマイ担の友人にその点を尋ねてみたところ、移動がトロッコや徒歩ではなくローラースケートメインになるため、さほどファンサが出来ないのではないかということでした。なるほど。移動=ファンサという思い込みがあったけれど、そんな盲点が。

コンサートの内容について

ネタバレはするけど、ふわっとしか覚えてないから全く役立たずだよ!そこのところよろしく!(予防線)

アルバムコンだから最新アルバムだけは聴いておこう、という姿勢でセトリの予習はせず臨みましたが、ライブの最初は知ってる曲が続いたので、私のようなライト層(お茶の間ファンや友達に誘われて来た他G担)にも優しいなと思いました。よく考えたら2011年デビューで5周年イヤーだから、アニバコン的なものを目指してるのかもと感じました。
最初に限らず、最後までほとんどが知ってる曲だった気がします。これは本当にシングル曲+最新アルバム曲のみのセトリだったのか、私が無意識にキスマイ曲を聴きこんでいたのかどっちだ…。ツアー初日に発表された新曲も、歌う前にちゃんと「8月24日発売のシャララサマータイムです!CMソングです!」とか「8月24日発売シャララサマータイムのカップリング、ドリームステージです!」って宮田くんが言ってくれて超親切。ブイコンはさらりと黙ってコンサート用の新曲が披露されて、えっ何かのカップリングだっけ…と動揺させられたりするからw

最初に流れるコンサートのお約束アニメはトニコンとかフィルフェス的な。つづくメンバー紹介映像は「I SCREAM」で「叫ぶ」だからかホラーチック。ガヤさんだけがシャワーシーンで、えっ、たっきゅん先輩?!とドギマギしました。

順不同で個人ごとの話。まずガヤさん。シャワーもだけど、歌ってる間わりとずっと斜に構えたカッコイイキャラで、ガヤさんそんなポジションだっけ??と混乱。MCはふわふわしてたけど、ふわふわしてるのも私の中のガヤさんイメージとは違う。ガヤさんってどんな人だと思ってたんだ私??
玉ちゃんは、2+5から急に3+4体制で推されだした頃を思い出して、ポテンシャルと根性のある子でよかったなーとしみじみしてました。見方が監督。ジャニウェブの「まいにちたまもりゆうた」を読んだら好きにならずにいられない。
ワッター弁当のおたまが大きすぎて顔が見えないのは仕様ですか?みんなから「師匠歌うまくなったよ!」「ラップの滑舌いいよ!どうした!?」とチヤホヤされるも「ラップしながら踊るのは無理って分かったから、ラップに集中するために板前さんにオファーした(キリッ)」とマイペースなワッター。
板前千賀さんは、キスマイってローラーグループだけどめちゃくちゃ踊れる人がいるよね、と思い出させてくれる存在。舞闘冠の頃から見てました。
宮田さんのオタク曲はさすが名曲。かわいい。さっくんはともかく、阿部ちゃんもオタクなの??
ジョッシー松村も最高。冴えない女の子役のふっかが大活躍。女装と言えばふっかだな!
パンフで、ライブ構成はみっくんが考えているって書いてあって、そうするとみっくんがオチになっちゃう流れが多くなるんじゃないかなって心配してたんだけど、ちゃんとアイドルは忘れてなくて良かったです。MC中も肩チラ見せでセクシー。みっくんはまだ若いし童顔だし、もっとあざとくファンを悦ばせてくれていいよ。「可愛い子にはギターを持たせるな」がポリシーなんだけど(踊らなくなるから)、ちょっと拙い感じは可愛かった。弾き間違えるのは毎回なの?

キスマイは、宮玉の結婚式とか藤北曲とかあるので、コンビ萌え推しなのかと思い込んでたんですが、ブイコンでよく見る「移動中のイチャイチャがモニターに抜かれる」が意外と無くてビックリしました。これも「移動がローラースケート」の影響?私がキスマイ素人だから観察力が足りない?ブイコンがおかしいだけ?
現場重視オタのお楽しみポイントは、映像には残らないメンバー同士のワチャワチャだと思ってたけど、それもブイ担特有なのかなぁ…。会場の広さ故かとも考えたけど、同じドームでもJUMPはワチャワチャしてるし…。
メンバー同士の絡みがあまりにもないことに違和感を覚えていたら、MCでは前夜にガヤさんと宮田さんが語り合った話とか、みっくん千賀さんの最年長末っ子コンビでご飯食べた話とかが出てきました。これこれ!やっぱり他のグループと同じじゃん!キスマイ担さんもやっぱりコンビエピソード好きですよね?!
コンサート本編ラストの「Re:」はモニターに手書きの歌詞と色んな組み合わせのツーショットが次々映り、これこれ!この画が欲しかった!けど最後の一曲でここまで詰め込んでくるとは!と突然のコンビ攻撃に喉を詰まらせてしまいました。

アンコールについて

本編が終わってメンバーがはけると客席からアンコールの声が上がり、それに応えてステージに戻ってきてくれる。アンコールのステージが終わると、また客席からアンコールが叫ばれ、Wアンコール・トリプルアンコールと続くかどうかは観客の盛り上がりと会場の制限時間次第。この流れを想定して、観客はお約束のようにアンコールをするものだけれど、アンコールまでがセットリストのつもりなのかコールの熱が低く、その反応からアンコールをせずに終わらせてしまった、というアーティストさんもいるようです。

今回のキスマイコンでは、まぁ私の座っていた席がスタンド上段だったからというのもあるでしょうが、本編が終わるとみんな若いのに(少なくとも私よりは若い人がほとんど)早々と席に着き、アンコールの声もドームにしては小さいかなと感じるほどでした。でも、コールを始めてすぐ、裏に引っ込んでから着替えもままならないのではというくらい早くに(衣装替えがあったかは覚えてませんが…)メンバーが出てきてくれたので、ビックリしてしまいました。Wアンコールもあったけど、やっぱりそこまで声は出てないように感じて、それでも出てきてくれたから、なんて優しいんだろうかと。
前日のツアー初日に入ったブイ兼務のファンの方によると、前日はもっとアンコールの声が出ていなくて、Wアンコールは無かったそうです。Wアンコールの有無がコールの大きさだけによるのかは分からないけど、平日初日なんて相当熱心なファンも集結しているだろうに、それでコールの声が少ないだなんてそんなことあるんだ?!と驚きました。

一概にアンコールと言っても、大きい声を出すのか、手拍子するのか、立つのか座るのか、それはアーティストごとのファンの特性や伝統のようなものもあります。私は最初がアリーナ時代の嵐コンで、ライブが終わると手が腫れ喉を痛めていることが当たり前でした。ドームになってからはあまり入れてませんが、盛り上がりはあまり変わっていなかった気がします。ブイコンに初めて入った時は、嵐と比べてコールが小さいことや、何かのタイミングでスッとコールを諦めてしまうことが気になりました。後に、健くんの投げチューが終了の合図だと知ったのですが。最近では、投げチューされてもコールを頑張ったら戻ってきてくれることがあるので、コールし続ける人が増えた気がします。でもファンの高年齢化も進んでいるので(若いファンも増えているけど)座ってしまう人が多いのは許して欲しい。キンキは基本的にWアンコールはしてくれないので、アンコールのステージが終わると声を出す人も少ないのではないでしょうか。ライブの時間も長いし(大半MCで座っているとは言え)これ以上帰りが遅くなるのも家庭事情的に困る、という人も少なからずいる気がする客層です。
そんなわけで、新規ファンは周りの様子を見てそれが普通だと思って育つものだから、アンコールも文化であるなぁと思った次第。

ジャニーズの伝統文化について

ファンの様子が想像とかなり違っていたので「Youはどこからキスマイへ?」ってアンケートを取りたいくらいでしたが、Jr.時代から見てきたファンと、キスブサなどのデビュー後TV露出キッカケのファンに二分されるのでしょうか。
京セラで付いていたJr.はスノマンと関ジュ…かな?足りなかったらゴメン。スノマンはわりと重要な役割を担ってたし、持ち歌を1曲歌わせてもらえてたし、メンバーの名前が当たり前にMCに出てきてたから、キスマイ担さんには馴染みの存在なんですかね。
私のジャニオタの入口は嵐で、嵐コンのバックにも色んなJr.が付いてくれてたしバックJr.担も入ってたけど、嵐担としてJr.の名前を覚える機会は無かったのです。キンキコンのバックJr.はMAやふぉ〜ゆ〜といった固定メンバーだし、SHOCKに役名=本名で出ていて名前を覚える機会があるから、MCで名前が出てもちゃんと分かりました。
キスマイをテレビでしか知らなければJr.のことなんて知らないだろうし、Jr.がいきなりキスマイ以外の自分の知らない曲を歌うのってファンはどう感じるのかな?と心配になりました。でもそう言えば、滝翼コンのJr.はこんな扱いだったから、キスマイ的には、自分たちがしてもらってきたことをスノマンにしてあげてるのかもしれないなぁ。

あと、円形に並んだ和太鼓を叩くパフォーマンスがあって、和太鼓はジャニーズあるあるだけど事務所担じゃなければ見慣れない光景ではないでしょうか。私は事務所担だけどまだ慣れません。和太鼓とか水芸とか裸祭りとか「日本の祭」って感じの盛り上がりアイテムなのかもしれないけども。例えばスマ経由で流れてきたファンだと、スマコンに和太鼓のようなジャニーズ伝統芸要素なんてないから、キスマイコンで初めて見て仰天するんじゃないかなと勝手に心配しました。
でもよく考えたら、キスマイは現役ドリボ主役だから、ファンも皆ジャニーズ舞台は嗜んでいるはずだし大丈夫だろうか。ドリボをやる者、和太鼓くらい叩いてしかるべき*4
しかし、これだけドームをいっぱいに出来るグループのファンがこぞってドリボを申込んでいたら、倍率はもっととんでもないことになっているのでは…。みんなドリボ観てる…?そんな疑問が湧いてきた和太鼓でした。大きなお世話すぎる。

そんなわけで

相変わらずよくわからないことを考えながら見てしまう集中力のなさでしたが、初めてのキスマイコンは楽しかったです!誘ってくれたお友達ありがとう!
どうやら去年のコンとは毛色が違ったようで、そちらを観ていたらどんな感想になったのかは非常に興味がありますが、現場に足を運んだことで、コン映像を見ているだけではわからないファンの雰囲気を体感できて面白かったです。
キスマイはスマとセット売りされてるイメージが強くて、コンサートもスマっぽいのかなと思っていたけれど、滝翼やカツンのバックで育ったグループだからかそちらの影響もありつつ、ローラースケートという特色もありつつで、興味深いです。今後、今まで絡んでこなかったJUMPとか嵐とかJフレ先輩とか、そちら側の影響も受けるとより面白いことになりそうだし、影響がダイレクトに出そうなのがみっくんなので、みっくんの変化に大注目だなぁと期待してます。みっくんが変わると周りが調和を取るから、また新しいキスマイが生まれそう。

*1:うちわの代わりに担当の顔写真をラミネート加工して首から下げている。手が空くのでペンライトや双眼鏡が持てて実用的だが、生首にしか見えないため一部から生首ラミカと呼ばれる。

*2:ペンライトは安くないので、複数回入らない場合は新たに買わずに以前のペンライトを使い回す人も少なくない

*3:してたけど見えなかっただけなら申し訳ない。ファンサの基準が嵐JUMPなもので…。

*4:いや、ドリボに和太鼓は出ないでしょうが…