読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽぷこんコン

国民的アラサーアイドル・あらしさんのコンサートに行ってきました。

2004年からFCに入っているのですが、自分名義が当たったのは3年ぶりでした。
大阪希望のみという緩さなので仕方ないとは言え、なかなか手が届かないものですね。
2009年は当たったものの行けなかったので、見るのは2008年のドリアラ以来です。
アリーナ時代を知っている古参は、ドームコンに違和感を感じて離れてしまうというのがよくある流れで、私も例に漏れずもやもやしていました。それもあって、遠征してまでドームや国立に行かなくてもという気持ちが、正直なところ、ありました。

でも久しぶりに行ってみたら、やっぱり楽しかった!
もちろんアリーナ時代と違う点は多いし、しっかりドームアイドルになってたんだけど、なんか懐かしい感じは残ってました。

古参がごっそり減っても、ドーム新規がたくさんいる嵐コン。久々に行ってみて、ビックリした光景があります。
嵐のコンサート定番曲は客席が参加するC&Rや振りが多いのですが、見渡す限り全員が曲に合わせて歌い叫び踊っていたのです。ドームなのに。
アリーナ時代ももちろん会場全体が踊っていましたが、ほとんどが何公演も入ってるヲタクたちなので出来て当然でした。今は激戦なので何回も入ってる人は比率的には少ないだろうに、これだけ完璧ということはみんな家で何度もコンDVDを見て練習しているのでしょう。記憶を頼りに全力で頑張ったので(おひとりさまだけど気にしない)腕と喉が疲れました。

思えば最初に入った嵐コンで、当時知らなかった「a Day〜」で「WAY〜」のC&Rに「こーいうのを!やりたかったの!」と感激してジャニヲタになったのでした。
パフォーマンスもファンサもメンバー同士のいちゃつきもコンの楽しみだけど、メンバーと一緒に声を出し腕を振り上げて踊るのは楽しい!

あと、とんでもなく子供連れが多い!4年前はJK〜三十路くらいが客層だったのが、その三十路世代が子供を連れてやってくるのですね。私もそんな年に…恐ろしい。子守がいなくて仕方なく連れてきたというんじゃなく、子供も親も嵐ファン、なのでしょう。子供も学校で自慢できるんだろうなぁ。もし子供に連れて行ってって頼まれても3年待って、って言わなきゃいけないのか。それなら子供にもFC入ってもらわなくちゃ。子供名義の方が当たりやすいとか、あるのかしら。


参加したぽぷこんコン(そんな略し方してる人見たことないけど)はツアー最初の大阪2日目なので、以降で内容は変わっているかもしれませんが、私のざっくりした感想。

グッズは大行列と聞いていたので最初から諦めて開演15分前に会場入りしたら、まさかの待ち時間ゼロでまんまと買いすぎてしまいました。売り切れも無かった気がするけど、大阪限定イヤホンジャックもあったのかな?ピンクのポプコンペンラがドームを埋め尽くしていて、皆さん頑張って買われたんですかね。すごいなぁ。文字から情報を得るのが好きなので、パンフが手に入ったのはとても良かったです。

ドームならではの大きい装置ってバルーンパレードくらいで、かなりシンプルな作りだったような気がします。(記憶があいまいです)
MJがリーダーに5曲も振り付けを依頼したということで、ダンスに力を入れてるのがよくわかりましたし、かつ「スタッフと話し合うリーダーの姿が見たかった」というのもよくわかりました。ダンスをやりたいだけならプロの振付師さんに頼んでもいいものね。
もちろん踊ってばかりではなく、トロッコやクレーンに乗るお手振り曲もありますが、その間もMAD・MADE・They武道がきっちり正確な振りで踊ってくれているので、ダンスを楽しみたければJr.を見ればよし。客席の年齢層が若いドームコンではちびっこJr.が花道を埋め尽くすことが多いですが、ジャニワで平成生まれが売り切れてるからか演出方針なのか、少数精鋭のバックダンサーJr.はよい塩梅だったと思います。10人くらいずつで上手下手の花道を行進するのとか、これを2+2+1人でドームでやっても寂しいもんなぁと納得。グループ名のみの紹介でJr担には特に見所もないかもしれませんが、良い仕事っぷりに感謝です。

「アニメ・ポップコーンマン」が秀逸!絵も声も超可愛い!その流れでバルーン5台でポップコーンマンたち(アラサー)がパレード。これぞキッズライン!
完全に主観だけど、大人の思惑で定められたテーマじゃなくて自らやりたくてやってる感じが伝わったので、こちらも照れずに見ることができた気がします。

MCは確か2回。1回は着替えタイムの居残りじゃんけん(大阪2日目は相葉さん1人負け)。もう1回は5人揃ってで、MCの途中でセンターステージからメインステージに花道を二手に分かれて移動した時に、ドームの広さを実感しました。分かれてだらだらしゃべりながら歩くには上手と下手が離れすぎてるねw
缶けりをしていた時代を考えるとあっさり目のMCだった記憶。MCで仲の良さをアピールしなくても、曲中にいっぱい絡んでいるので問題なしです。

今回コン参加した他担さんたちが口々に言うんだけど、松本さんが可愛かったよね!天使!
嵐ブレイクのキッカケになった人のはずなのに、いざ嵐ファンになると他のメンバーに流れてしまう人が多い気もしていて、でもやっぱりライブでは、いや今回のライブは特に松本さんすっごく可愛かったしイキイキしてた。ライブ番長だからですかね。一番Popcorn感が出てました(伝わらない表現)
そして松本さんの愛を一身に受けているくせに櫻井さんとも二宮さんともいちゃいちゃする大野さんが魔性すぎて!
大野さんは普段ぼんやりしてるくせに、綺麗な声で歌うわキビキビ踊るわファンサマシーンだわ、ライブで魔性が発揮される人ですよね。

個々の曲の感想は書き出すとキリが無いので割愛。今回のアルバム以外の曲は全部知ってる曲だったので、超久しぶりなくせにホーム感全開で参加できました。やっぱりアルバムコンは判りやすくていいね。

今回は「POP」がコンセプトなので、映像もPOPな色使いでした。モニター映像がすごく鮮やかで綺麗だったので、まさかDVDでぼんやり画質になるなんてありえないよね!もちろんブルレイで出してくれるよね!!とモニターを凝視していました。


数年前までアリーナコンで試行錯誤していたあの子たちが、ドームで自分たちのやりたいものが見せられるようになってるなんて、と成長に涙するオバサンでした。
これを機にあらしコンにもっと入りたくなりました!と気軽には言えない人気っぷりなので、また機会があれば行ってあげてもいいわよ(ツンデレ)
FC年貢をまたしばらく払い続けていてもいいかなぁとは思えました。ホント、次はいつ行けるんでしょうね。やっぱり3年後?