読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2016

ジャニーズ楽曲大賞に投票しました。
今年はコメントを考える余裕がなくて全部空欄にしちゃいました。プレゼン力のあるコメントが思いつかない。みんなうますぎるから、ハードルが上がって怖気づいてしまいますよw

楽曲部門
1位 「薔薇と太陽」 KinKi Kids
2位 「陽炎 ~Kagiroi」 KinKi Kids
3位 「不惑」 V6
4位 「なんねんたっても」 KinKi Kids
5位 「Beautiful World」 V6

毎年、なるべく色んなグループから選ぶように意識していたんだけど、今回は諦めた。実際色んなグループの曲を聴いてはいたんだけど、好きな曲と言うか思い入れのある曲を並べるとこうなるかな、と。
1位はダントツ。こんなキンキを待ちに待ってた。2位と3位は似たテイストなんだけど、なぜこの順位かと言うと、陽炎はキンキコンで見たばかりだけど不惑はまだ見てない、という思い入れの大きさの違いからです。不惑は先日ようやく「Covers」で歌うのを見て、これを見た直後なら2位にしてたかもなーとやっぱり思いました。4位もキンキコン直後だからというのが大きいかも。キンキで選んだ3曲は、雰囲気が全然違うのに全部キンキらしさがあって良い。5位も4位とテイストが似てるかも。こちらはブイの持つ優しさが伝わる曲。バリバリに踊る曲じゃないけど、すごくブイっぽい。

未音源化部門
「浮世艶姿桜」 三宅健滝沢秀明

滝沢歌舞伎は1回しか観てないけど、初見で聴いてめちゃくちゃアガった。えっ、この曲って去年初めて披露されたの?ホントに?!生まれる前から知っていたのかも。魂で反応した。

MV部門
「薔薇と太陽」 KinKi Kids

最&高。
シャルドネチャンス」という流行語が生まれた。

現場部門
ミュージカル・コンサート『ONE MAN STANDING』

OMSとマーダーのどちらにするか、散々悩んだ。半年悩み続けた。自担現場で迷える喜び。
結局OMSにしたのは、念願の初ミューコンだったことと、マージカル担として10年間縛られていた呪いから解放されたことが大きかったからでした。詳しくは書きませんが(不親切)
ジャニオタがミュージカルへ興味を持つキッカケになれる存在なんだから、もっと色んな作品に出られると良いなぁと単純に思うのだけど、せめてこのミューコンをたくさんの人に見てもらえればいいのに。権利問題とか色々あるんだろうけど。全4公演、6割まー担3割ロシ担みたいな比率だったから*1、本当にもったいない。

ベストバイ部門
エンターテイナーの条件

こーさまの日経エンタにおける同名連載の書籍化。
私がこーさまのことをどれだけ好きか、きっとほとんど伝わってない気がする!好き!!(突然の告白)
私は個人的に、アイドルという仕事は特殊な職業だけど、社会人としては自分たちに共通するところも少なからずあるはずと思っているので、「エンターテイナー」という仕事への取り組み方について語ってくれるこの連載が大好きなのです。こんなことまで言っちゃっていいの?!ということをズバズバ言ってくれるし、考え方が論理的で明快。毎回とても興味深いです。
日経エンタでは、井上芳雄くんの「ミュージカル俳優という仕事」も自担が舞台班のジャニオタならオススメ。イノも以前連載していて「アイドル武者修行」という本が2冊出ています。こちらはアイドル話なので全てのジャニオタにオススメ。

担当アンケート
坂本昌行


ブイとキンキに偏った投票結果になったけど、他のグループの楽曲を見聞きしてないわけではないです。良い曲、面白い曲、いっぱいありましたが、とにかくブイキンキ関連の印象が濃かったので…。 キンキ事でここまで盛り上がれたのが嬉しい。

2016年に購入したジャニーズタイトルは、シングル12枚、アルバム5枚、BD7枚、DVD5枚の計29枚でした。2015年は30枚だったから減少!やった!この調子で荷物を減らしたい。(←減ってない。むしろ29枚増えてる)
買ってもあんまり観る余裕がないから、他人に貸し出したいくらい。在庫整理も兼ねて保有タイトルリストを作成中なので、眺めてウゲーとなりたい。
自担のブイのリリースはシングル1枚、BD1枚だったけど、やっとライブ映像がBDでも出たぞ!過去DVDもBD化されたぞ!やった!!とりあえず2010年のレディコンと2011年のセクバニコンを買いました。画質の良し悪しを見る目は無いけど、この4K時代にDVDだとテンションが下がる。フォエバコンBDはドルビーアトモス採用で、ドルビーアトモスを体感できる視聴環境のファンってまずいないのでは…という謎はあるものの、これを機にAVマニアが買ってくれたかもしれないし(知らない)、まぁオタクのテンションも上がったので良いのでは?

ブイコン音源のCDレンタルをキッカケに、定額レンタル宅配サービスに加入しました。入ってるコースは月4枚なのですが、気になるタイトルは在庫がなくても予約リストに入れておけば良いし、通常盤はレンタルでいいかなと思いとどめることができるし、せっかくの4枚枠だからとジャニーズ以外も借りてみたくなるし、結構な変化がありました。節約するならまずこういう定額出費の見直しからというのがセオリーではあるけれど、逆にこの程度の贅沢いいじゃない。そして、定額レンタルを始める前から薄々気づいてたけど、私って借りるのはCDばっかりで、映像作品は全然借りないなぁと。映像作品を見る余裕がない。そんな時間があるならレコーダーのHDDに入ってるものを消化したい。こういうのが嗜好の偏りに繋がってる気がする。良い悪いではなく。

そんなわけで、今年も引き続き、好きなものには金が出せる生活がしたいです。お金は大事。でも、お金を出してもいいと思える対象があることがもっと大事。

*1:あくまで体感。ロシ担はもっと多いかも