読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHOCK2016

今年は地方公演が無いので、1回きりの観劇。
昔はライバル役に誰が来るかも予想ネタだったけど、近年は屋良さんと内さん以外に出来る人いないのでは(スキル的にもスケジュール的にも)という感じですね。今回は屋良さんでした。
リカ役は小南満佑子ちゃん。若い。屋上のシーンなんて憧れの先生を追ってきたJKかと思いましたよ…テレ朝さん、そんなドラマください。

去年と比べて大きな変更点は恐らく無いけど、最近の大きな変更点である1幕オフの日のイッツワンダフルデイと2幕のフィナーレはかなり馴染んできた気がします。ズケズケ書いてしまうと、フィナーレはコウイチ対他キャストという構成だから、こーさま1人で負う部分が大きすぎるので、これさえ何とかなれば。楽屋のミッシングハートはまだ…。ミュージカル演出への慣れとかじゃなく、歌詞の文字数がメロディに合ってないのが問題じゃないかと思ってるんですがどうですかね。少なくとも同じような場面がある他のミュージカルで違和感を覚えることはないので。

SNSのおかげで知れるようになっただけかもだけど、業界の方々がSHOCKを観劇される機会が増えているように感じます。SHOCKをぜひ観てみたいと皆さんがわざわざ足を運んで下さるのは有り難いことです。輸入物だけじゃなく日本でもこれだけのミュージカルが作れるんだというのを見せたいと、どこかで語ってらした記憶。クリエ規模の和製ミュージカルは増えてきているけど、ここまで華やかな演目はなかなかないので、沢山の方に観てもらえるのは嬉しいです。そしてSHOCKだけでなくキャストにも興味を持ってもらって、新しいお仕事に繋げて欲しい…!(営業視点)
屋良さんも内くんも外部ミュに主役としてたくさん出るようになって、それがSHOCKの影響だけとは思わないけど、主役クラスの華のある役者さんがコウイチのライバル役をすることで、コウイチにはライバルを超える華が求められるから、同じキャストでもハードルはどんどん上がっているのでしょう。

演出の変更によって思い入れのあるシーンが変えられても、それはそれで毎年観る醍醐味。コーラスラインが20年経ってもほぼ変わらなかったのとは対象的ですが、オリジナルミュージカルだからこそ出来ることなので、チャレンジは続けて欲しいです。でも出来れば、前回のサントラからかなり変更されてるから新しいサントラを出して欲しいです。出来ればというか、切実に。あと、もっとガッツリ違うものも観たいんだよね…滝沢歌舞伎に健くんが出たレベルのサプライズ人事とか…。今年の地方公演がないのはキンキ仕事のため(のはず)だけど、久々に次までスパンが開くからこれを機会にガツンと何か…。